HOME > コーヒーブレイク > 還暦ジャパンに秘策?あり

還暦ジャパンに秘策?あり
〜電力会社だって選べる時代になったのなら〜

2016年6月





前回は、人と同じように
企業にも寿命があるぞ、という話を記した。
しからば、国にもあるのではと思って調べてみた。

有史以来の世界の王朝の盛衰を研究する識者によると
どうやら国(1王朝または国家制度)の平均寿命は約200年。
100年程度なら短期、300年も続くと長期と見ることができる。
江戸時代(徳川幕府)の期間は265年が定説となっているが
世界的に見てもこれは長期に属することになる。

そして、近代日本の起点を明治元年(1868年)とするならば
2016年の時点で148年目。
日本人の平均寿命に例えるなら
還暦直近のお父さん、お母さんであろうか。

◆◆◆◆◆◆◆◆

かつての「還暦」は「おじいさん」のイメージであったが
ご存知の通り昨今はかなり「若い」。
郷ひろみさんは61歳だという。
特殊な例ではあろうが、
やりようによっては、相当の年齢まで
見た目の若さを維持することができるようだ。

しかし加齢への抵抗にも限界がある。
やはり同じように年齢を感じさせないタレントの関根勤さんが
テレビ番組企画で受診した心臓ドックで病変(血管狭窄)が見つかり
予防処置として緊急手術を受けていたというニュースがあった。

関根勤さんは62歳だという。
その顛末をドキュメンタリーにした番組を見たが
どう見ても62歳には見えない。
しかし肉体は静かに老化していた。
幸い手術は無事成功し「孫の成人式までは死なないぞ」と
言えるほどにお元気なようだ。
言葉の通り活躍される姿をこれからも拝見したいなと思う。

余談だが、この心臓手術は開胸ではなく
手首の血管から細いカテーテル(チューブ)を挿入し
それを使い遠隔的に病変部の治療を行うというものであった。
切開がないので、手術中に会話はできるし
翌日には退院でき、そのまま仕事へ向かったという件に
ちょっと驚いてしまった。
科学者や医者を乗せた特殊潜航艇を縮小し
人間の体内に潜入し治療をするというSF映画(ミクロの決死圏)があるが
現実はそれに近づいているらしい。

◆◆◆◆◆◆◆◆

話を戻そう。

国(国家制度)にも寿命があり、永遠という幻想はない。
なので、還暦を迎える日本の場合さらなる成長などあり得ず
「寿命を全うする」だけでも御の字と見るのが順当ではないか。
(アラ還のみなさん、お気を悪くされないでください。あくまで例えです・・・)

日本の抱える2大問題は「人口減少」と「基幹産業の斜陽化」だ。
この2つの大問題が交錯して多くの問題事象が起きているとのだと思う。
さらにその2大問題の底流には
「ボーダレス・グローバル化する世界=垣根のない大競争」と
「国家のライフ(サイクル)ステージの進行=成熟から衰退」という
抗いようのない不可逆の大潮流がある。
今日の問題事象の解消・解決策として
様々な施策が検討または実施されてるが
その多くは残念ながら絆創膏や痛み止め的な「対症療法」でしかない。

船底に穴が開き、もはや沈没を免れようがない船で
せっせと帆の破れを繕ってるようなものだ。
帆が風を受けるようになれば船は進むだろうが、沈没を免れられるわけではない。
ならば穴をふさげばいいと考える。
しかし、海中に棲む魔物は槍を突く手を止めることがない。
むしろ穴はどんどん増えて大きくなるばかり。

残された道は浸水する速度をどれだけ遅くできるかという「撤退戦」である。
沈没までの時間を稼ぎ、その間に船が進むのであれば
運良くどこかの島にたどり着き、最終的な損失を最小化できるかもしれない・・・
日本はそんな状況だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆

高度成長の夢よ再び、さらなる成長戦略を・・・。
もういい加減、変な夢を吹き込もうとするのは止めたらどうだ。
さりとて、「あんたもう長くないんだから諦めろ」というのもあまりに非人情。

繰り返すが、永遠の命はない。だが方法はある。
それは「次代に託す」こと。
だがそれも、若者を使い捨てるブラック企業、
児童虐待や保育園建設反対などの報道を見聞きするに、
そういう思考は持ちえていないのかと、落胆する。

しかし諸君、絶望するなかれ。こういう秘策もある。
それは船の中に「船を作る」という方法。
毎度々申し訳ないのだが、敬愛する小松左京先生にまたご登場願おう。
それは「第二日本国誕生」という。初出は1969年。

主人公は、フリールポライターの男。
あるとき深夜に乗ったタクシーで「それ」は起きた。

タクシーが途中「ネズミ捕り」に引っかかってしまう。
タクシーに近づく警官。
「だいぶとばしていたな。」
「30キロ以上オーバーだから、罰金と免停1ヶ月だ」
なんとか手心をと、処分減免を乞うタクシーの運転手。

「我々もこれが役目だし、規則は規則・・・」
そこで鈍い音とともに警官の声が途切れ、ズルズルと倒れ込んでしまう。
何が起きたのがわからず茫然とする運転手と主人公の目に
黒ずくめの服、ヘルメットをかぶる男が映った。
黒ずくめの男が言う。
「92キロか、10キロオーバーだな」
「罰金は1000円。今払えば免許証にキズはつかない」

「あ、あんたは誰です?」と運転手。
「我々は『もうひとつ別の警察』の者だ。」
倒れた警官を顎で指しながら
「こちらの警察にひっかかれば罰金3万円(※)、免停一ヶ月。
『我々の警察』なら罰金千円、免停はなし。どうする?選ぶのは自由だ」

にわかには信じられないものの
さらに、レーダーの記録は全て削除したので
心配はいらないと続ける「黒い警官」に千円を払い
タクシーは猛然とその場から走り出した。

そんな妙な出来事の後、主人公の周囲に
同じような「もうひとつの存在」が姿をあらわし始める。
税務署で、郵便局で、タバコ屋で・・・。
共通するのは、全て「安い」ということ。
「もうひとつの存在」である第二日本国が秘密裏に組織され
旧体制よりも優れたサービスで顧客(国民)を獲得しようとしていたのだ。

そしてある日、第二日本国が大々的なPR活動を始めた・・・!

※当時の反則金

◆◆◆◆◆◆◆◆

嫌なら他の国へ行けば良い。
個人ならそういった行動も可能だろうが
何万人、何十万人という単位になれば民族大移動。
シリア難民がまさにそれで、
かなりの困難を伴うことは想像に難くない。

ならば船の中に「新しい船」を作ってしまえば良い。
古い船は魔物の槍の盾として残し、
攻撃をいなす間に「新しい船」を漕ぎ出す準備をする。
もしかして道州制の本質ってこういうことなのか。
道州制=第二日本国(複数)だとすると敵対関係になるのだから
今の体制が難色を示すのも合点がゆく。

第二日本国のアイディアが面白いのは
国家制度(統治機構)だって択一(独占)でなく
自由な選択肢があってもいいじゃないか、というところだ。
電力会社だって選べる時代になったのだし・・・。

第二日本国「JP2」誕生!
最新のAI技術による無駄のない財政運用を実現し
年中無休で行き届いた住民サービスをご提供する
国家制度の決定版。

今なら乗り換え後2年間、所得税50%OFF
年金加入履歴「カラ期間」最大24カ月補填オプション
さらには抽選で、相続税非課税枠適用拡大オプションを最大100万名様に!
また、期間限定起業融資金利ゼロ円キャンペーンも開催中!

「JP2」で新しい人生をはじめてみませんか?
詳しくは当国WEBで・・


菊水電子工業株式会社 ウェブマスター
藤川 貴記 webmaster@kikusui.co.jp

お願い

ここに記されている内容は、ウェブマスター藤川の個人的な意見や感想です。
帰属する企業、立場での見解ではありません。ご了承のほどお願い申し上げます。

ページトップへ ▲