HOME > 企業情報 > プレスリリース・おしらせ等

中国・清華大学にて燃料電池電気測定技術セミナーを開催

2007/11/7

菊水電子工業株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:小林一夫)は、11月2日、中国北京にある清華大学において、当社と同校合同による燃料電池電気測定技術セミナーを開催しました。
当社は2005年10月、中国科学院大連化学物理研究所(略称:DICP)と燃料電池の性能評価に関する技術協力の覚書を交換。その後、当社製品を実験に使用した同研究所の論文が増えるにつれ、計測器に関心を寄せる研究者が増加。そういった背景でのセミナー開催ということで、清華大学、北京大学、北京化工大学、燃料電池国家工程研究センターなど、燃料電池の専門家、教授、学生ら、約100名の参加を頂戴することとなりました。

セミナーではまず、当社技術者である藤沼朋希 事業推進室主幹代理が、燃料電池電気測定の基本測定項目、測定原理、測定に必要な測定器および測定時の注意事項などを紹介。続いて中国科学院大連化学物理研究所のベンチャー企業であるSunrisePower社計測部部長 燕希強博士による研究成果の報告、そして清華大学の学生3名による当社計測器を使用した燃料電池測定の実験結果の発表が行われました。また、会場内に計測器の実機を持ち込み、燃料電池の等価回路によるデモ測定も実施。専門家同士の熱心な質疑応答がありました。

中国理系の総本山と称される清華大学においてセミナーを開催できたということは、燃料電池計測に携わる企業としての認知度向上はもちろんのこと、同分野における当社への技術的信用力の付与は計り知れません。今回のセミナーによって、「KIKUSUI」ブランドの中国市場浸透が加速され、当社のビジネスチャンスがより一層拡大するものと期待しています。



写真右上:藤沼朋希 事業推進室主幹代理
写真右下:デモ測定の様子。藤沼氏に学生たちの質問が殺到しました。
写真左上:会場の様子。
写真左下:質問する学生。質問内容の深さに熱意を感じます。

本件に対するお問い合わせ先

菊水電子工業株式会社【新規事業本部 事業推進室】
〒224-0023 横浜市都筑区東山田1-1-3
TEL:045-593-0200(大代表) FAX:045-593-7591
e-mail: info@kikusui.co.jp

ページトップへ ▲