HOME > 企業情報 > プレスリリース・おしらせ等

スルーレート50A/μ s高速・大電流 直流電子負荷装置
PLZ-4WLシリーズ 販売開始のおしらせ

2010/4/2

菊水電子工業(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:小林一夫)は、高速・大電流タイプの直流電子負荷装置「PLZ-4WLシリーズ」を、 2010年4月より販売開始いたしました。

PLZ-4WLシリーズは、従来よりご愛顧いただいておりますPLZ-4Wシリーズの姉妹機に当たります。近年、PCやサーバ等のICT関連機器に組み込まれるスイッチング電源の低電圧・大電流化が進み、評価機器となる電子負荷にも、その対応要求が高まっています。
PLZ-4WLシリーズは、従来機4Wシリーズの優れた操作性を継承しつつ、低電圧大電流領域で高速な電流の立上り、立下りスピード(スルーレート50A/μs)を実現。さらに、オプションの低誘導負荷ケーブルを使用することで性能を100%引き出すことができます。インターフェースもGPIB/RS-232C/USBの3種を標準搭載し、マニュアルはもちろん自動試験にも対応。CPU用電源等の通常の負荷試験はもとより高速電流応答試験などに最適です。また大容量二次電池の単セル試験についても、非常にコンパクト(当社従来比、約50%)になりますので、設備の省スペース化が図れます。

ラインアップ

モデル名 動作電圧範囲 最大容量 最大電流
PLZ164WL 0.3V〜30V 165W 50A
PLZ334WL 0.3V〜30V 330W 100A

特長

  • 0.3V で100A をフルロード(PLZ334WL)*最小動作開始電圧は50mV
  • 負荷電圧2Vでも高スルーレート50A/μ s(立上り/立下り時間換算:2 μ s)
  • 最小電流設定分解能50 μ A(L レンジ)
  • 動作モードは6モード対応(定電流・定抵抗・定電圧・定電力・定電流+定電圧・定抵抗+定電圧)
  • シーケンス機能、スイッチング機能搭載
  • タイマ機能と時間・電圧計測機能により電池の放電特性評価が可能
  • GPIB/RS-232C/USB 標準装備
  • 入力電圧はAC100V〜120V/200V〜240V(切り替え無し)
  • 保護回路は過電圧・過電流・過電力・過熱保護・逆接続防止・低電圧等を装備
  • 専用低誘導負荷ケーブルを用意(3種、別売オプション)
  • シーケンス作成支援ソフトウェア(別売オプション)

販売データ

●市場:
情報通信機器組込み用電源、バッテリの評価試験
●出荷開始:
2010年4月1日
●当社標準価格:
PLZ164WL:¥280,000(税込¥294,000)
PLZ334WL:¥360,000(税込¥378,000)
●販売目標台数(シリーズ合計):
400台(初年度)

本件に対するお問い合わせ

菊水電子工業株式会社 営業推進部 販売促進課
〒224-0023 横浜市都筑区東山田1-1-3
TEL:045-593-7580 FAX:045-593-8672
E-mail:hanbai@kikusui.co.jp

ページトップへ ▲