HOME > 企業情報 > プレスリリース・おしらせ等

高機能交流安定化電源PCR-LE/LE2シリーズ用ソフトウェア
「Avionics Test Software:SD012-PCR-LE」販売開始のおしらせ

2013/09/30

菊水電子工業(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:小林一夫)は、当社交流電源用規格試験ソフトウェア「Avionics Test Software(アビオニクス試験用ソフトウェア):SD012-PCR-LE」を、 2013年10月より販売開始いたします。
近年、航空機の電子化が加速しており、それにともない搭載装置・機器の電源環境試験ニーズが高まるものと予想されます。特に航空機には、電源供給系統が複数あり(単相交流・三相交流・直流およびその電圧・周波数の組合わせで7種)、航空機装置試験用電源を設備する課題として、系統別に試験電源を用意するコストとスペースおよび操作オペレーションがあげられます。当社のPCR-LE/LE2シリーズは、単相交流・三相交流はもちろん、直流出力にも対応。そこに規格試験を簡単に実行できるソフトウェアをご用意することで、コストパフォーマンスに優れた電源規格試験ソリューションを構築できるものと考え、当ソフトウェア「Avionics Test Software:SD012-PCR-LE」を開発し、ご提供するはこびとなりました。
対応する試験規格は、民間用規格「RTCA/DO-160 」、「JIS W0812」および軍事用規格「MIL-STD-704 」です。 当ソフトウェアは、各規格の試験パターンをライブラリとして用意しており、適用したい規格の結線方式・試験項目を選択するだけで容易に試験が実行できるようになっています。また、試験パラメータの編集も可能なため、開発評価などで試験マージンを変えたいといった使い方にも対応できます。

特長

  • 対応規格:民間用規格「RTCA DO-160F/G」 、民間用規格「JIS W0812:2004」、軍事用規格「MIL-STD-704A/E/F」
  • 航空機器用規格試験が簡単に設定可能
  • 試験パターンのメモリー機能により、効率的な試験設定が可能
  • 試験条件のレポート作成機能により、試験履歴の保存が可能
  • 試験パラメータの編集機能により、開発評価での利用も可能
  • LANによる遠隔コントロールが可能
※注:当ソフトウェアの使用には、当社交流電源PCR-LE/LE2シリーズ(本体ファームウェアver.4.2以上)およびパソコン(WindowsXP以上)が必要です。

販売データ

●製品名(形名):
Avionics Test Software(SD012-PCR-LE)
●市場:
航空機および航空機搭載機器メーカ
●出荷開始:
2013年10月〜
●本体標準価格:
¥198,000(税込¥207,900)

本件に対するお問い合わせ

菊水電子工業株式会社 営業推進部 販売促進課
〒224-0023 横浜市都筑区東山田1-1-3
TEL:045-593-7580 FAX:045-593-8672
E-mail:hanbai@kikusui.co.jp

ページトップへ ▲