HOME > 保守サービス >JCSS校正

JCSS校正

修理・調整込みのJCSS校正もワンストップで対応!
ISO/TS16949規格、UL規格その他規格の監査で要求される校正証明書を発行できます。

耐電圧試験器/耐電圧絶縁抵抗試験器のすべての機能をJCSS校正できます
タイマー(試験時間)の校正点は任意に指定できます(1s以上100s未満)
英文校正証明書の発行も可能です

菊水電子では、JCSS校正に対応いたします。当社は製造メーカですので、お預かりした製品の状態を判定し、必要に応じて調整または修理を実施し、仕様を満足した製品にJCSS校正をおこなうことができます。校正専門業者に依頼したら、修理が必要とわかり二度手間に・・・といったことはありませんか? 当社であれば一度のご依頼でJCSS校正を済ませることができます。もちろん、新品購入時に「JCSS校正証明書付き」とご指定いただくことで、証明書付での納品も可能です。
当社製品のJCSS校正の際は、是非ご用命ください。

JCSS ロゴ★当社、品質保証部品質保証課は、計量法校正事業者登録制度に基づく登録事業者です。JCSS登録事業者はISO/IEC 17025を基準として登録されています。
当社の登録番号は0140です。

JCSS(計量法校正事業者登録制度)とは

JCSSとは、Japan Calibration Service System の略称です。JCSSは、国際標準化機構及び国際電気標準会議が定めた校正機関に関する基準(ISO/IEC17025)の要求事項に適合しているかどうか審査を行い、校正事業者を登録する制度です。
そして登録事業者は校正した機器について、JCSSの標章がついた証明書を発行することができます。標章がついた校正証明書は、ILAC(*1)/APLAC(*2)のMRA(*3)を通じ、国際的に通用する公式文書として使用することができます。


●ご参考:JCSSとISO/IEC17025についての詳しい情報は、登録審査機関(IA Japan)のサイトをご参照下さい。
http://www.nite.go.jp/iajapan/index.html

  • *1 ILAC: International Laboratory Accreditation Cooperation(国際試験所認定協力機構)
  • *2 APLAC:Asia Pacific Laboratory Accreditation Cooperation(アジア太平洋試験所認定協力機構)
  • *3 MRA: Mutual Recognition Agreements(相互承認)

MRA対応認定事業者とは

JCSS校正事業者の中でも、さらに国際MRA対応認定事業者であれば、国際的にも通用するJCSS認定シンボル付校正証明書が発行できます。 IA Japanは国際試験所認定協力機構並びにアジア太平洋試験所認定協力機構で相互承認を行っているので、JCSS認定シンボル付証明書は、米国(NVLAP、A2LA)、英国(UKAS)、ドイツ(DAkkS)、オ-ストラリア(NATA)などが認定した校正機関の発行する校正証明書と同等です。

JCSS校正に関するお問合せ先

下記までお願いいたします。
菊水電子工業(株)品質保証一部 品質保証課

JCSS校正可能製品

現在の対象製品は下記の通りです。(2015年6月現在。機種は順次追加の予定です。)

電圧発生装置

品名 形名 推奨校正点 時間 校正点数
電圧 電流 抵抗
耐電圧試験器 863
863A
1, 2, 3 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
0.5, 2, 10 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- ----- 6
865
865A
865AZ
865Z
0.5, 1, 1.5, 2, 3, 4, 5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
0.5, 5, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- ----- 10
866AZ
866Z
0.5, 1.2, 2.5, 3, 4, 5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
0.5, 5, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- ----- 9
875AZ 0.5, 1, 1.5, 2, 3, 4, 5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)/DC
0.5, 5, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
0.5, 2, 10 mA/DC
----- ----- 20
875B 0.5, 1, 1.5, 2, 3, 4, 5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)/DC
1, 10 mA
AC(50Hzまたは60Hz)/DC
----- ----- 16
875C
875Z
0.5, 1, 1.5, 2, 3, 4, 5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)/DC
0.5, 1, 10, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)/DC
----- ----- 22
876 1, 2, 3, 4, 5, 10 kV
AC(50Hzまたは60Hz)/DC
----- ----- ----- 12
TOS5030 1, 1.5, 2, 3 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
0.5, 2, 10 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- ----- 7
TOS5050
TOS5050A
0.5, 1.2, 2.5, 3, 4, 5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
2, 20, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- 1, 10 s 11
TOS5051
TOS5051A
0.5, 1.2, 2.5, 3, 4, 5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)/DC
2, 20, 100 mA/AC (50Hzまたは60Hz)
1, 5, 10 mA/DC
----- 1, 10 s 20
TOS5052 0.5, 1.2, 5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
2, 20, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- 1, 10 s 8
TOS5101 1, 3, 5, 7.5, 10 kV
AC(50Hzまたは60Hz)/DC
2, 20, 50 mA AC(50Hzまたは60Hz)
1, 5 mA/DC
----- 1, 10 s 17
TOS5200 0.5,1.5,5 kV/AC (50Hz), 5 kV/AC (60Hz) 1, 20, 100 mA AC (50Hzまたは60Hz) ----- 1, 10 s 9
TOS5300 0.5,1.5,5 kV/AC (50Hz),
5 kV/AC (60Hz)
1, 20, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- 1, 10 s 9
TOS5301 0.5,1.5,5 kV/AC (50Hz),
5 kV/AC (60Hz)
0.5, 1.5, 5 kV/DC
1, 20, 100 mA AC(50Hzまたは60Hz)
10 mA/DC
----- 1, 10 s 13
TOS8030 1, 1.5, 3 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
0.5, 5, 10 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- ----- 6
TOS8040 1, 1.5, 2, 4 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
1, 5, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- ----- 6
TOS8610 0.5, 1.2, 1.5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
0.5, 5, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- ----- 6
TOS8630 1, 2, 3 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
0.5, 2, 10 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- ----- 6
TOS8650 0.5, 1.5, 2, 3, 4, 5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
1, 5, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- ----- 9
TOS8651 0.5, 1.2, 2.5, 3, 4, 5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
1, 5, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- ----- 9
TOS8700 1, 2, 3, 7.5, 10 kV
AC(50Hzまたは60Hz)/DC
0.5, 5, 50 mA/AC (50Hzまたは60Hz)
0.5, 2, 10 mA/DC
----- ----- 16
TOS8750 0.5, 1, 1.5, 2, 3, 4, 5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)/DC
1, 5, 100 mA/AC (50Hzまたは60Hz)
0.5, 2, 10 mA/DC
----- ----- 20
耐電圧/絶縁抵抗試験器 860
860A
0.5, 1.2, 2.5, 3, 4, 5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
1, 5, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- ----- 9
871 0.5, 1, 2.5, 3, 4, 5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
1, 10, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- ----- 9
TOS5302 0.5,1.5,5 kV/AC (50Hz),
5 kV/AC (60Hz)
1, 20, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
100 MΩ 1, 10 s 10
TOS8830 0.5, 1.2, 2, 4 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
1, 10, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
1, 20, 500 MΩ ----- 10
TOS8850
TOS8850A
1, 1.2, 2.5, 3, 4, 5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
1, 10, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- ----- 9
TOS8870A 1, 1.2, 2.5, 3, 4, 5 kV
AC(50Hzまたは60Hz)
1, 10, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
----- ----- 9
TOS9000 0.5, 1.2, 2, 4, 5 kV/AC (50Hz),
5 kV/AC (60Hz)
1, 5, 20 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
2, 50, 500 MΩ 1, 10 s 14
TOS9200 0.5, 1.2, 2, 4, 5 kV/AC (50Hz),
5 kV/AC (60Hz)
1, 10, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
2, 50, 100 MΩ 1, 10 s 14
TOS9201 0.5, 1.2, 2, 4, 5 kV/AC (50Hz),
5 kV/AC (60Hz)
0.5, 1.2, 2, 4, 5 kV/DC
1, 10, 100 mA
AC(50Hzまたは60Hz)
1, 10 mA/DC
2, 50, 100 MΩ 1, 10 s 21
TOS9213S
(SPEC80623)
0.5, 1, 4, 7.5, 10 kV DC 0.5, 2, 5 mA DC 0.5, 20, 100 MΩ, 2 GΩ 1, 10 s 14
DC耐電圧/絶縁抵抗試験器 TOS9213AS
(SPEC80767)
0.5, 1, 4, 7.5, 10 kV DC 0.5, 2, 5 mA DC 0.5, 20, 100 MΩ, 2 GΩ 1, 10 s 14

抵抗測定装置

品名 形名 推奨校正点 時間 校正点数
電圧 電流 抵抗
絶縁抵抗試験器 TOS7200 ----- ----- 10, 100, 1000, 2000 MΩ 1, 10 s 6

電圧測定装置

品名 形名 推奨校正点 時間 校正点数
電圧 電流 抵抗
高電圧デジタル電圧計 149-10A AC (50Hzまたは60Hz),DC 正/負0.5, 1, 1.2, 2, 3, 4, 5, 7.5, 10 kV ----- ----- ----- 27
149-30A DC 正/負 1, 2, 5, 10, 20, 30 kV ----- ----- ----- 12

JCSS校正と一般校正の違い

項目 JCSS校正 一般校正
校正証明書 JCSS校正証明書(JCSS標章あり) 当社標準の校正証明書
校正値 校正証明書に記載(拡張不確かさ表記あり) 試験成績書に記載(拡張不確かさ表記なし)
仕様への適合性 測定器の所有者が判定 当社標準仕様を基準に当社で判定
トレーサビリティ 国家標準にトレースがとれている。 国家標準・国際標準にトレーサブルな計測器を使用して試験

JCSS認定書、校正証明書サンプル

●JCSS認定書


●校正証明書サンプル(クリックで拡大します)

FAQ(よくあるご質問と回答)

Q1.校正可能製品一覧表にある校正点しかできないのですか?
一覧表の校正点は、従来から行っている一般校正の校正点をもとに推奨点を挙げています。ご要求に応じて校正点の増減も可能です。ただし、当社の認定範囲に限られます、詳しくはご相談ください。
Q2.校正料金はどう決めるのですか?
従来の校正料金に、次の式で求めた金額を追加いたします。
基本料金+(点数料金×校正点数)としています。
Q3.製品を購入する時にJCSS校正を依頼したい。
ご注文をいただく際に、お申し付けいただければ、製品のお届け前にJCSS校正を実施し、納品を致します。JCSS校正の作業に数日いただきます。 なお、納品後のJCSS校正には、製品を一旦お預かりする必要がありますので、あらかじめご承知置きください。
Q4.なぜ、一般校正を行った後にJCSS校正をするのですか?
一般校正では、製品の仕様に対して合否の判定を行います。必要に応じて調整も行います。仕様に適合していることを確認したのち、JCSS校正を行います。
製品の信頼性と、校正値の信頼性の両方をご提供するためです。
Q5.JCSS校正では、校正証明書しか発行されないのですか?
JCSSロゴ付きの校正証明書は、そのものがトレーサビリティの証となります。校正証明書の2枚目以降に、校正値が記載されますので、試験成績書も兼ねます。従来のトレーサビリティ証明書、トレーサビリティ体系図は必要なく、「JCSSロゴ付きの校正証明書」だけですべての書類をカバーします。
Q6.JCSSについて詳しく知りたいのですが。
認定機関である独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)認定センター(IA Japan)のサイトをご参照ください。
http://www.nite.go.jp/iajapan/index.html

ページトップへ ▲