ビットエラーレートメータ
KBM6010

概要・特長・仕様

価格表

一台でPNパターンの発生とエラーレート測定が可能
PNパターンは100Hz〜10MHzをカバー
エラー挿入機能装備
※販売を終了いたしました。
製品ギャラリー


ラインアップ

KBM601010MHz ビットエラーレートメータ *販売終了

概要

ビットエラーレートメータKBM6010は、疑似ランダム(PN:Pseudo Random Noise)パターン※1を発生させるパターン発生部とビットエラーレート※2を測定するエラーレート測定部により構成されています。
パターン発生部のクロックは周波数100Hz〜10MHz(内部)で、外部クロックでDC〜10MHzに対応しています。またエラーレート測定部はクロック周波数DC〜10MHzに対応しています。本器はテストパターンの発生とエラーレートの測定が1台で可能であり、デジタル伝送系のビットエラーレート測定、デジタル通信機器やデジタル放送機器の受信感度測定などに使用できます。

※1:デジタル伝送系の伝送品質を測定するのに使用されるテストパターン
※2:デジタル伝送系において、伝送品質の劣化により受信端でパルスの消滅や不要なパルスが発生することをビットエラーといいます。ビットエラーレートとは、送出したビット数に対して受信端でいくつビットエラーが生じたかを意味し、以下の式で表します。

ビットエラーレート=ビットエラー数/送出したビット数

特長

  • パターン発生部のクロック出力にはPLLを搭載し、100Hz〜10MHzをカバー。
  • 出力パターンは下記8種類が選択できます。
    ALL0、ALL1、PN9、PN11、PN15、PN20、PN20(ゼロサプレスなし)、PN23
  • エラー挿入機能搭載
  • 各入出力の極性反転が可能
  • GPIBインターフェース標準装備

仕様

パターン発生部

データ出力
データパターン ITU-T勧告O.151、O.153に準拠したパターン
ALL0、ALL1、PN9(O.153)、PN11(O.153)、PN15(O.151)、PN20(O.151)、PN20(ゼロサプレスなし)、PN23(O.151)
出力レベル TTL※
極性切り換え 非反転/反転を切り換え可能
誤り挿入 0、10−1、10−2、10−3、10−4、10−5、10−6、10−7
コネクタ BNC
クロック入出力
クロック選択 内部/外部をパネルより設定
【内部クロック選択時】
出力周波数範囲 100Hz〜10MHz
周波数確度 ±100ppm
分解能 100Hz(100Hz〜1MHz)
1kHz(1MHz〜10MHz)
【外部クロック選択時】
入力周波数 DC〜10MHz
入出力レベル TTL※
極性切り換え 非反転/反転を切り換え可能
コネクタ BNC

エラーレート測定部

データ入力
データパターン ITU-T勧告O.151、O.153に準拠したパターン
ALL0、ALL1、PN9(O.153)、PN11(O.153)、PN15(O.151)、PN20(O.151)、PN20(ゼロサプレスなし)、PN23(O.151)
データ速度 DC〜10Mbps
入力レベル TTL※
極性切り換え 非反転/反転を切り換え可能
コネクタ BNC
クロック入力
周波数範囲 DC〜10MHz
入力レベル TTL※
極性切り換え 非反転/反転を切り換え可能
コネクタ BNC
エラーレート測定
測定レンジ 104〜108
表示範囲 1×10−8〜9.99×10−1(仮数3桁、指数1桁)
同期方式 32bit連続パターン同期
同期モード AUTO RESYNC ON/OFF

※本器の入力回路にはHC14、出力回路にはA-CMOSを使用しています。

一般仕様

電源
入力電源電圧 後面のセレクタにより切り換え可能
AC90V〜AC110V、AC104V〜126V、
AC194V〜AC236V、AC207V〜AC250V
定格周波数 50Hz/60Hz
消費電力 最大15VA(10W)
その他
GPIBインターフェース IEEE std488.1-1987に準拠
インターフェースファンクション
SH1、AH1、T6、L4、SR1、RL1、PP0、DC1、DT0、C0、E1
外形寸法()最大部 200(220)W×80(115)H×292(335)Dmm
質量 約3kg
動作環境 仕様保証温湿度 5℃〜35℃、20%〜85%(結露なきこと)
動作温湿度 0℃〜40℃、20%〜85%(結露なきこと)
保存温湿度 −25℃〜70℃、20%〜90%(結露なきこと)
付属品 入力電源コード 1本

ページトップへ ▲