高信頼性電源(CVCC)
PAN-Aシリーズ

概要・特長

DC 0〜600V・0〜50A、28モデル
シリーズレギュレート方式によるローノイズ・高安定な出力
汎用性に優れたベーシック電源
(写真:左350Wタイプ/中上175Wタイプ 中下700Wタイプ/右1000Wタイプ)
製品ギャラリー


ラインアップ

*注:PAN16-50Aには前面出力端子が付いておりません

175Wタイプ
PAN16-10A 0〜16V/0〜10A
PAN35-5A 0〜35V/0〜5A 
PAN60-3A 0〜60V/0〜3A 
PAN70-2.5A 0〜70V/0〜2.5A
PAN110-1.5A 0〜110V/0〜1.5A
PAN160-1A 0〜160V/0〜1A
350Wタイプ
PAN16-18A 0〜16V/0〜18A 
PAN35-10A 0〜35V/0〜10A
PAN60-6A 0〜60V/0〜6A 
PAN70-5A 0〜70V/0〜5A
PAN110-3A 0〜110V/0〜3A
PAN160-2A 0〜160V/0〜2A
700Wタイプ
PAN16-30A 0〜16V/0〜30A 
PAN35-20A 0〜35V/0〜20A 
PAN60-10A 0〜60V/0〜10A
PAN70-8A 0〜70V/0〜8A
PAN110-5A 0〜110V/0〜5A
PAN160-3.5A 0〜160V/0〜3.5A
PAN250-2.5A 0〜250V/0〜2.5A
1000Wタイプ
PAN16-50A* 0〜16V/0〜50A
PAN35-30A 0〜35V/0〜30A 
PAN60-20A 0〜60V/0〜20A
PAN70-15A 0〜70V/0〜15A
PAN110-10A 0〜110V/0〜10A
PAN160-7A 0〜160V/0〜7A
PAN250-4.5A 0〜250V/0〜4.5A
PAN350-3.5A 0〜350V/0〜3.5A
PAN600-2A 0〜600V/0〜2A

概要

PAN-Aシリーズは、研究開発・品質管理から生産現場までのあらゆる分野でご利用いただける、高性能・高信頼性の可変直流安定化電源です。本シリーズは、FETによるプリレギュレータとパワートランジスタによるシリーズレギュレータにより構成されています。そのため直列制御形の特長である高品位な出力特性と、チョーク・インプット形位相制御の特長である電源高調波ひずみの少ない高効率な入力特性を兼ね備えています。
一方、電源装置で重要なファクタとされる信頼性と安全性については、十分なディレーティングを持った部品を採用するとともに、長年培ってきた実装技術が随所に活かされています。さらに全モデルに過電圧保護装置(OVP)をはじめとする各種のセーフティ機能を装備するなど、十分な配慮がなされています。

備考:PANシリーズとPAN-Aシリーズの違いについて

PANシリーズの後継機であるPAN-Aシリーズは、主に安全性向上を目的とした下記のような変更をしております。

  • 各端子
    各端子について、不用意に金属部に触れられないような配慮(形状変更、カバー取付け等)を重ねています。また175Wおよび350Wのモデルについて入力端子がハモニカ端子からACインレットに変更されております。さらに前面端子(バインディングポスト)についても全モデルにカバーを付属しました。
  • 対接地電圧
    最大出力定格電圧が110Vのモデルについて、対接地電圧を±250Vから±500Vへ変更しました。
  • ヒューズ
    ディレーティングをより持たせるため、容量を大きくしました。(但しPAN16-30Aは除く)
  • 寸法
    本体ケースの寸法は変わっていませんが、端子板やゴム足を変更した関係で、最大寸法に若干の変更がございます(朱字部分)。

    PAN-A PAN
    175Wタイプ
    (Type0)
    106(115)W×
    140(175)
    400(470)D mm
    106(115)W×
    140(170)H×
    400(460)D mm
    350Wタイプ
    (TYPE I 2)
    210(235)W×
    140(160)H×
    350(425)D mm
    210(235)W×
    140(160)H×
    350(425)D mm
    700Wタイプ
    (TYPE I 3)
    210(235)W×
    140(160)H×
    400(505)D mm
    210(235)W×
    140(160)H×
    400(475)D mm
    1kWタイプ
    (TYPE II)
    430W×
    160(175)H×
    400(505)D mm
    430W×
    160(175)H×
    400(485)D mm
  • 質量
    350WのモデルとPAN250-2.5Aについて、各々約1kg増加しています。

特長

低温度ドリフト

使用部品の選定、回路の改良、強制空冷による放熱設計により100ppm/℃(定電圧特性)、300ppm/℃(定電流特性)の低温度ドリフトを実現しています。

速い過渡応答

広帯域な誤差増幅器は安定な周波数−利得・位相特性で高い周波数までループゲインを持っているため、出力インピーダンスが低く急激な変化にも十分応答できます。(標準値:50μs)

低リップル・ノイズ電圧

実効値はもちろん、ピーク値も十分低くおさえてあります。

各種セーフティ機能を装備

過電圧保護装置(OVP)や過熱保護回路など、信頼性を高める各種のセーフティ機能を装備。

セーフティ機能

電源の故障や誤動作による事故は、システム全体の運転停止や高価な負荷の破壊につながるため、故障しないという信頼性は非常に重要ですが、万一故障が発生しても未然に事故を防ぐための保護回路は安全な方向に確実に動作するものが要求されます。

過電圧保護装置(OVP)

誤操作や事故により過電圧が発生した場合、電源スイッチ用サーキットプロテクタを瞬時(動作パルス幅50ms)に遮断し、負荷を保護します(175Wタイプ及び350Wタイプはゲートブロック方式で整流回路を遮断)。特に本シリーズのOVPはプリセットタイプですので、動作電圧の設定は、プリセットボタンを押すことによりパネル面から電圧計を見ながら行え、また動作電圧のチェックはエージング中でもOVP動作を中断することなく行えます。

過熱保護回路

機器内部の主要部品の温度が規定以上になると、電源スイッチを遮断します。また主トランス又はサブトランスには温度ヒューズも内蔵しさらに安全性を高めています。

電圧検出回路

パネル内のリモート切換えスイッチの誤操作や整流回路の故障により、平滑用電解コンデンサの電圧が定格電圧以上になると、瞬時に整流回路を遮断します。

サージ・アブソーバ

雷などにより電源ラインに発生するサージ電圧から本体を保護します。

逆接続防止回路

出力端に逆極性の電圧を印加されても本機を保護します。

過電流検出回路

比較増幅器により出力電流を常時監視し、リモート・コントロール時の過入力による定格オーバを防止したり、パネル内のリモート切換えスイッチの誤操作による過電流から保護します。

ページトップへ ▲