高効率大容量スイッチング電源(CVCC)
PAT-Tシリーズ

概要・特長・用途/各種機能



19インチ幅、3Uサイズで最大8kWのハイパワーを実現
電力消費を低減する力率改善回路[力率0.95]を搭載
1Wあたり100円〜の優れたコストパフォーマンス
周囲温度50℃という高温下でも全負荷連続運転が可能
4kWモデルは単相200V入力でも動作可能(出力制限あり)
オプションでLANインターフェース(LXI)に対応
出力電圧1000V・1500Vモデル追加発売!!(2018年11月)
出力電圧1000V・1500Vモデル追加発売!!(2018年11月)
製品ギャラリー


ラインアップ

8kWタイプ
PAT20-400T 0〜20V/0〜400A 高効率大容量スイッチング電源
PAT30-266T 0〜30V/0〜266A 高効率大容量スイッチング電源
PAT40-200T 0〜40V/0〜200A 高効率大容量スイッチング電源
PAT60-133T 0〜60V/0〜133A 高効率大容量スイッチング電源
PAT80-100T 0〜80V/0〜100A 高効率大容量スイッチング電源
PAT160-50T 0〜160V/0〜50A 高効率大容量スイッチング電源
PAT250-32T 0〜250V/0〜32A 高効率大容量スイッチング電源
PAT350-22.8T 0〜350V/0〜22.8A 高効率大容量スイッチング電源
PAT500-16T 0〜500V/0〜16A 高効率大容量スイッチング電源
PAT650-12.3T 0〜650V/0〜12.3A 高効率大容量スイッチング電源
PAT850-9.4T 0〜850V/0〜9.4A 高効率大容量スイッチング電源
PAT1000-8T 0〜1000V/0〜8A 高効率大容量スイッチング電源
PAT1500-5.3T 0〜1500V/0〜5.3A 高効率大容量スイッチング電源
4kWタイプ
PAT20-200T 0〜20V/0〜200A 高効率大容量スイッチング電源
PAT40-100T 0〜40V/0〜100A 高効率大容量スイッチング電源
PAT60-67T 0〜60V/0〜67A 高効率大容量スイッチング電源
PAT160-25T 0〜160V/0〜25A 高効率大容量スイッチング電源
※スマートラックシステム(16kW〜)はこちらをご覧ください

概要

PAT-Tシリーズは定電圧/定電流自動移行型スイッチング直流電源です。ソフトスイッチング方式の採用により、効率改善、ローノイズ化を図るとともに、高密度実装技術を駆使して大幅な小型軽量化を達成。このクラスでは異例の「力率改善回路」を搭載し、電源環境の改善(高調波電流抑制)とともに、配電設備の簡素・小型化、そして消費電力の低減といった「省エネルギー」にも大きく貢献します。さらには、放熱設計の最適化により、動作保証周囲温度50℃を実現。高温下での全負荷連続運転といった過酷な使用環境にも対応できます。操作・表示パネルは、見やすさ、使いやすさを考えたシンプルで直感的なデザインとする一方、コンピュータやシーケンサによる制御を考慮し、外部アナログ制御、モニタ出力、ステータス出力とともに、RS-232Cインターフェースを標準装備(オプションにてUSB、GPIB、LANインターフェースにも対応)。スタンドアローンはもちろん、試験システムの組み込みにも使用することができます。

特長

優れたコストパフォーマンス!<出力容量1Wあたり100円〜を実現!>

電力変換効率(廃熱抑制)の高い「ソフトスイッチング方式」の採用により、出力ノイズの低減、高密度実装による小型化、そして動作周囲温度50℃での全負荷連続運転を実現しました。8kWの大容量で、従来製品(当社)の6kW電源以下のプライス。ぜひこのコストパフォーマンスをくらべて下さい。

大容量なのにコンパクト!<省スペース&縦置きもOK>

小型化・高効率・省エネの実現!<ソフトスイッチング方式>

パワーデバイスのスイッチング時、共振現象を巧みに利用し電圧または電流がゼロとなった状態でスイッチングをおこなう電源回路方式。このため原理的には電圧、電流の過渡交差は発生せず、スイッチング損失のない動作をおこなうことが可能になります。一般的に電圧がゼロの状態で行うスイッチングをZVS(Zero Voltage Switching)、電流がゼロの状態で行うスイッチングをZCS(Zero Current Switching)と呼んでいます。従来の電源回路ではスイッチング動作が高速化すると電力損失が増加し効率が低下するという問題がありましたが、ソフトスイッチング方式による電源回路の高効率化は電源から発生する熱損失を減らし回路の小型化が可能なため、機器の小型化のみならず、電源から発生する雑音を著しく少なくすることができる特長があります。

<力率改善回路搭載>
力率(PF)とは、交流回路の効率に関する値であり、皮相電力に対する有効電力の割合をいいます。力率が1に近いほど、受電設備を含めた電力エネルギーの利用効率がよいことになります。力率改善回路は、電源回路の入力部に組み込むことで、交流電圧と電流の位相差(波形のズレ=無効電力が生じる要因)を補正し、電力の利用効率を向上させます。具体的なメリットとしては、次のようなことがあげられます。

  • 省エネルギーの促進
  • 受電設備の小型化
  • 電源環境の改善
  • 送電ロスの低減
  • ノイズの低減

用途・応用例/各種機能

出力電圧は20V〜1500Vをラインアップ。様々な評価・試験用電源としてお使い頂けます。

カーエレクトロニクスでの具体例

  • ヘッドランプ等の寿命試験
  • 大容量エアコンやモータに使用されるインバータの性能試験・耐久試験
  • EPSやMG等に使用されるブラシレスモータの性能試験・耐久試験
  • IPM / IGBT等パワーモジュールの性能試験
  • スタータモータの性能試験
  • EV・HEVの電装部品の性能試験
    ……など

CV,CC優先起動機能

出力オンの際、定電圧(CV)電源として起動するか定電流(CC)電源として起動するかを設定出来ます。定電圧動作時は、CV優先モードを使用することで、また定電流動作時は、CC優先モードを使用することで、オーバーシュートのない滑らかな立上りを実現します。

※2010年10月以降出荷分(本体ファームウェアVer.5.0X以上)より搭載。なお、8kWタイプの400V入力モデル(PAT20-400T/PAT40-200T/PAT60-133T/PAT160-50T)と4kWタイプは対応していません。

外部アナログコントロール機能

0 V〜約10 Vの外部電圧(Vext)または0 kΩ〜約10 kΩの外部抵抗(Rext)で 出力電圧を制御します。またFASTモードを選択すると外部電圧コントロールにCPUを介さず直接制御できるので、コントロール電圧に対して出力電圧が変化するまでの遅延時間がありません。

※2010年10月以降出荷分(本体ファームウェアVer.5.0X以上)より搭載。なお、8kWタイプの400V入力モデル(PAT20-400T/PAT40-200T/PAT60-133T/PAT160-50T)と4kWタイプは対応していません。

より便利に、より使いやすく、より安全に。

  • 4kWタイプは単相200V入力でも動作可能(但し、電流は定格の約75%に制限されます。)
  • RS-232Cインターフェースを標準装備
  • USB/GPIB/LANインターフェース対応(工場オプション)
  • 計測器ドライバによりExcel VBAやLabVIEW から制御可能。ドライバは当社ウェブサイトより無償ダウンロードできます。
  • 並列運転による容量拡張 (同一モデル最大5台まで)
  • シーケンス動作時等に安心の出力ON/OFFディレイ機能
  • メモリ機能(3組の電圧/電流)
  • 電圧・電流モニタ出力
  • ステータス信号出力
  • リモートセンシング機能
  • 保護機能装備(過電圧保護/過電流保護/過熱保護/入力欠相保護/ファン異常保護/センシング保護/ブリーダ回路の過熱保護/シャットダウン)
  • 高い耐ノイズ性(カーエレ関連試験時などに安心)
  • ファン交換が容易に行えるなどの高いメンテナンス性

並列運転による容量拡張 最大40kW、2000Aに対応!

最大5台(同一モデル)まで可能

マ ス タ 機 を 含 め て 最 大 5 台(PAT850-9.4T、 PAT1000-8T、PAT1500-5.3T は 2 台)まで並列接続できます。接続はワンコントロール並列運転となり、マスタ機のパネルでシステム全体の制御及び表示が可能になります(最大出力電流:単体の定格出力電流×並列台数)。またスレーブ機においては本体パネルの STORE スイッチを押しているときのみ電流値を表示することが出来ます。なお、接続にはオプションの並列運転ケーブル PC01-PATが接続台数に応じて必要となります。

※8kW タイプの 400V 入力モデル(PAT20-400T/PAT40-200T/PAT60-133T/PAT160-50T)と 4kW タイプは対応していません。

ラック組込み

ラック組込みの際はラックマウントブラケット(オプション)が必要です。

大電流モデル(スマートラックシステム)

複数台のPAT-Tシリーズを専用のラックパーツにてアセンブルした大電流モデルです。最大40kW、2000Aまで対応可能です。

<仕様はこちら>

ページトップへ ▲