キャパシタテスタ
PFX2400シリーズ

概要・用途・システム構成

電気二重層キャパシタ試験用充放電テスタ
PFX2411(12ch)充放電定格:0〜5.0000V/0〜5.0000A/25W
PFX2421(4ch)充放電定格:0〜5.0000V/0〜35.000 A/175W
PFX2431(2ch)充放電定格:0〜5.0000V/0〜70.00 A/350W
PFX2441(1ch)充放電定格:0〜5.0000V/0〜140.00 A/700W
各チャンネルは完全に独立
LANによる設定・操作・データ収集
参照電極の電圧測定も可能(PFX2411)
専用アプリケーションソフトで一括管理
1msまたは100msデータサンプリング

PFX2411

PFX2421

PFX2431

PFX2441

※生産終了につき在庫品限りとなります(完売の際はご容赦ください)
ハイブリッド電気自動車用 電気二重層キャパシタ 充放電特性試験規格 JIS D1401対応!
製品ギャラリー


ラインアップ

PFX2411 12ch キャパシタテスタ(5V/5A/25W×12ch) *生産終了(在庫限り)
PFX2421 4ch キャパシタテスタ(5V/35A/175W×4ch) *生産終了(在庫限り)
PFX2431 2ch キャパシタテスタ(5V/70A/350W×2ch) *生産終了(在庫限り)
PFX2441 1ch キャパシタテスタ(5V/140A/700W×1ch) *生産終了(在庫限り)

概要

大容量・低内部抵抗の試料までフルサポート!

キャパシタテスタPFX2400シリーズは、電気二重層キャパシタ専用充放電試験器です。電圧定格は単セルをターゲットに5Vとし、5A/12ch、35A/4ch、70A/2ch、140A/1chの4モデルをラインアップ。近年、電気二重層キャパシタは、大容量化によりハイブリッド電気自動車のエンジン起動時の電力源や加速時のアシストとして利用されつつあり、自動車の燃費向上や排気の質も高めるなど新エネルギーのひとつとして普及が期待されています。
キャパシタテスタPFX2400シリーズは、電気二重層キャパシタの普及への課題である「蓄電技術」と「パワーマネージメント(エネルギーの最適化)」に関するより高度で専門的な試験の要求にお応えします。

対応する測定

  • 静電容量測定(JIS C5160/JIS D1401他)
  • 内部抵抗測定(JIS D1401他)
  • 充放電効率測定(JIS D1401他)
  • 充電・放電積算電力測定

PFX2400シリーズで行える試験(充放電パターン)

サイクル試験 電圧保持試験 充放電効率試験

特長

充放電モード

充電方式(定電流ー定電圧/定電流/定電力/ステップ)
放電方式(定電流ー定電圧/定電流/定電力/ステップ)

高速データサンプリング

電流・電圧の同時サンプリングを1msで実現するために、通信方式はLANを採用しています。

全チャンネル完全独立動作

全チャンネル完全独立動作のため、特性の異なった電気二重層キャパシタが混在した試験が可能です。恒温槽同期を考慮して、休止時間を延長制御する同期機能も搭載しています。

省エネ設計

充電時の内部損失を一定にする制御を行い、低消費電力を実現しています。

広いAC 入力範囲

電源入力範囲100 Vac 〜 240 Vac を確保して、工場から実験机まで、使用場所を選ばない設計になっています。

専用アプリケーションソフトによる一括管理

PFX2400シリーズを動作させるためには別売の専用アプリケーションソフト(SD008-PFX2400)が必要となります。 JIS D 1401規格およびJIS C 5160規格用の試験パターンが予め用意されていますので、JIS規格に基づいたキャパシタの試験条件を簡単に設定・試験することができます。

用途

電子部品メーカー様およびその素材、部材(電極材料、電解液、セパレータ等)メーカ様。また電気二重層キャパシタを使用した下記製品等のメーカ様での開発設備として。
  • 次世代自動車(ハイブリッドを含む電気自動車、燃料電池自動車)
  • フォークリフト、ゴルフカート
  • OA機器(レーザープリンタ、複写機の急速加熱用電源)
  • 無停電電源装置

システム構成例

PFX2400シリーズを動作させるには専用アプリケーションソフト(SD008-PFX2400)が必須となります。 システム構成の際は、本製品とアプリケーションソフトの他に、パソコン、ネットワークハブ、LANケーブル、負荷ケーブル(オプション)が必要になります。

試験試料(キャパシタ)の容量について

PFX2400シリーズのモデル選定にあたり、試験対象の容量の目安は下表となります。

形名 PFX2411 PFX2421 PFX2431 PFX2441
静電容量 0.1F以上 0.5F以上 1F以上 2F以上

試験条件の設定

データサンプリングを1msで行う場合には、放電開始から放電終止までの時間が0.1s以上になるように、試料(キャパシタ)の静電容量をもとに放電電流を設定してください。 データサンプリングを100msで行う場合には、放電開始から放電終止までの時間が10s以上になるように、試料(キャパシタ)の静電容量をもとに放電電流を設定してください。


ページトップへ ▲