GPIBコンバータ
PIA5100

概要

RS232CまたはUSBインターフェースをIEEE488.2 GPIBに変換
ドライバ不要でかんたん接続
カスタムモードで通信条件の変更も可能

PIA5100

製品ギャラリー


ラインアップ

PIA5100GPIBコンバータ

概要

PIA5100 は、GPIBを搭載していない当社製計測器/電源のRS232CまたはUSBインターフェースを通して、GPIB機能を提供するインターフェース変換器です。複雑な設定なしでIEEE488.2に準拠した計測器/電源と通信できるほか、カスタムモードで通信条件を変更すると、IEEE488.2に準拠していない計測器/電源とも通信できます。



対応製品(動作確認済み計測器/電源)

機種名 推奨設定
PLZ-5W シリーズ
電子負荷装置
GPIB-CONV 設定:RS232
CUSTOM MODE OFF
PWR-01 シリーズ
直流安定化電源
GPIB-CONV 設定:RS232
CUSTOM MODE OFF
バッファオーバーランを避けるため、定期的にクエリ の挿入が必要
PWX シリーズ
直流安定化電源
GPIB-CONV 設定:RS232
CUSTOM MODE OFF
バッファオーバーランを避けるため、定期的にクエリ の挿入が必要
PMX-A シリーズ
直流安定化電源
GPIB-CONV 設定:RS232
CUSTOM MODE OFF
バッファオーバーランを避けるため、定期的にクエリ の挿入が必要
PCZ1000A
交流電子負荷装置
GPIB-CONV 設定:RS232
CUSTOM MODE ON(通信条件を変更)
バッファオーバーランを避けるため、定期的にクエリ の挿入が必要

給電方法について

PIA5100の動作にはDC5Vが必要です。下記いずれかの電源(給電方法)をご用意ください。

●計測器/電源からの給電

計測器/電源にDC OUT 5Vが搭載されている場合は、付属の入力電源用コードを使用して計測器/電源から給電します。

給電方法1

●USBコネクタからの給電

付属の電源コードセットを使い、AC ーUSBアダプタやPCのUSBコネクタから給電します。

給電方法2

●ACアダプタからの給電

市販の汎用ACアダプタ(EIAJ-2プラグ/センタープラス)を使用して給電します。

給電方法3

機能制限

デフォルト(工場出荷状態)では下記のGPIB 固有機能は使用できません。

  • シリアルポーリング/パラレルポーリング
  • リモートローカル制御
  • デバイスクリア

ただし、シリアルポーリングとリモートローカル制御については、類似したコマンドに代替することで同等の機能が利用できます。
また、カスタムモードで、RS232Cの通信条件を変更することにより、これらの制限を回避することも可能です。

通信条件の変更(カスタムモード)

専用アプリケーション「GPIB-CONVCustom Config」を使用して、PIA5100の通信条件を変更することができます。これは、IEEE488.2に準拠していない計測器/電源と接続する場合や、デフォルト(工場出荷状態)の通信条件では通信できない場合に使用します。

>>>「GPIB-CONVCustom Config」のダウンロードはこちら...


●RS232Cの設定項目

(下線は工場出荷時の値です)

項目 設定値 説明
Bitrate 1200 bps〜115200 bps
工場出荷時は 19200 bps
ビットレートの設定
Stopbits 1 / 2 ストップビットの設定
Flow Control None/ Hardware/ Software フロー制御の設定 Sortware は X-Flow
Hardware は CTS-RTS
Termination Character 任意の ASCII コード
工場出荷時は 0x0A
終端文字の設定
488.2 Block Transfer NO/ YES IEEE488.2 仕様のブロック転送の無効/有効
IDN Query 任意の文字列 (最大 15 文字)
工場出荷時は *IDN?
起動時の計測器/電源 認識に使用するクエリ
KISTD Mode※1 NO/ YES GPIB 固有機能の制限を解消する KISTD SAFU プロトコルの無効/有効

※1:KISTD 対応製品のみ設定可能。PWX シリーズ、PMX-A シリーズ、PLZ-5W シリーズが対応(2016年2月現在)


●USBTMCの設定項目

(下線は工場出荷時の値です)

項目 設定値 説明
Auto Serial Polling NO / YES 自動シリアルポーリング の無効/有効
Auto Serial Poll Interval 50 ms〜 自動シリアルポーリング の間隔

ファームウェア更新

当社ウェブサイトのダウンロードのページから最新版のファームウェアをダウンロードして、PIA5100のファームウェアを更新できます。ファームウェアの更新には、専用アプリケーション「Kikusui DFU GUI」を使用します。
>>>最新のファームと「Kikusui DFU GUI」のダウンロードはこちら...


ページトップへ ▲