耐電圧・絶縁抵抗試験器
TOS9200シリーズ

概要・特長

フルプログラマブル(GPIBおよびRS-232C)
大出力設計(AC5kV・100mA、短絡時200mA出力も可能)
ライズタイムコントロール機能(AC/DC耐電圧試験、絶縁抵抗試験)
フォールタイムコントロール機能(AC耐電圧試験)
DCディスチャージ機能
測定データのリードバックが可能
高電圧スキャナの使用で最大16ch設定が可能
この製品は高電圧を発生します
※販売終了
後継モデルのご案内(2019.2)
TOS9200シリーズの相当品として「TOS9300シリーズ」を発売いたしました。
是非ご検討ください!
製品ギャラリー


TOS9200シリーズは、当社従来品(TOS9000)の後継機種となる耐電圧・絶縁抵抗試験器であり、IEC、EN、VDE、BS、UL、CSA、JIS、電気用品安全法等の安全規格に基づく耐電圧・絶縁試験に対応することができます。

ラインアップ

TOS9201AC5kV/DC6kV、耐電圧・絶縁抵抗試験器 *販売終了
TOS9200AC5kV、耐電圧・絶縁抵抗試験器 *販売終了
TOS92214ch高電圧スキャナ(コンタクトチェック機能付) *販売終了
TOS92204ch高電圧スキャナ *販売終了

概要

TOS9200シリーズは、従来品のリファイン・性能強化にとどまらず、当社の膨大なユーザ事例(過去手掛けた特注や改造仕様)を調査し、それらを仕様へ反映することにより、様々なご要求にお応えできる業界のトップモデルとなることを目標に開発されました。

当シリーズは、試験器本体であるTOS9200およびTOS9201、高電圧スキャナTOS9221およびTOS9220の4製品から構成されています。
TOS9200はAC耐電圧、絶縁抵抗試験の2機能を搭載、TOS9201はAC耐電圧、DC耐電圧、絶縁抵抗試験の3機能を搭載したタイプです。心臓部となる電源に、高効率スイッチング電源とPWM方式のスイッチングアンプを採用。これにより大出力、高安定、また軽量・コンパクト化を実現しています。そして、アース導通試験器(TOS6200)と組み合わせることにより、3種類または4種類の試験を1つの工程として実行することが可能になっています。

さらに高電圧スキャナTOS9220/TOS9221(コンタクトチェック機能搭載)を組み合わせれば、最大16chの試験ポイントを自動的に検査することもできますので、より安全で信頼性の高い自動検査システムに発展させることができます。

特長

高出力&高安定

高電圧電源部に高効率スイッチング電源と、PWM方式のスイッチングアンプ、500VAの高電圧トランスを採用しました。これにより電源電圧に依存しない、負荷変動に強い高安定な出力(ACで3%、DCで1%)を実現。電圧・電流値についても当社従来比2.5倍の最大 5kV/100mA(※1)、瞬時であれば短絡電流200mA以上の出力にも対応できます。また、TOS9201では6kV(※2)までのDC耐電圧試験が可能となっております。絶縁抵抗試験電圧は25 V〜1000Vまで1V分解能で、0.01MΩ〜9.99GΩという広範囲の抵抗測定に対応。1台でJIS C 1302 1994(絶縁抵抗計)の全ての試験電圧をカバーすることができます。

※1:連続使用最大30分 ※2:連続使用最大1分、最大出力50W

高精度&リアルタイム表示

高精度のデジタル表示計を装備し、 耐電圧試験電圧で±(1% of reading + 30V)、および電流で±(3 % of reading + 20μA)、また絶縁抵抗試験電圧で ±(1% of reading + 1V)と、測定表示確度についても大幅に向上。さらにはAC耐電圧試験、DC耐電圧試験の試験中はもちろんプログラム実行でも測定値をリアルタイムに表示します。

30%の小型軽量化を実現

AC耐電圧試験には当社従来比2.5倍の大出力電源を搭載し、かつDC耐電圧試験、絶縁抵抗試験の3機能を搭載したにもかかわらず、当社従来モデルに比べ体積、質量とも30%の小型軽量化を実現しました。

現場ニーズに応える多彩な機能群

さまざまな試験ニーズにお応えするために、TOS9200/TOS9201では下記のような機能を装備しました。

ライズタイムコントロール機能
試験電圧を徐々に上昇させます。
フォールタイムコントロール機能
試験電圧を徐々に降下させます
オフセットキャンセル機能
テストリード、治具などのストレー電流をキャンセルします。
測定値ホールド機能
試験終了時の電圧、ピーク漏れ電流、判定待ち時間以後の最小抵抗値を測定できます。
出力電圧監視機能
出力電圧が規定値を外れると自動で試験を中断します。
メモリ機能
各試験ごとに100通りの試験条件を記憶し、すばやい試験設定を可能にします。
プログラム機能
100通り/最大500ステップの試験工程を記憶し、そのワンタッチ実行を可能にします。

被試験器物の実力値を確認

試験中には、実際のリーク電流値または絶縁抵抗値を本体で確認することができます。また、自動化システム等でロットの不良率や、そのロットの実力値をデータとして残しておきたい場合にはインターフェースを利用してリードバックすることができます。

さらなる安全性を求めて

指などの挿入を防止するために入口を絞った独自デザインの出力端子、AC/DC耐電圧、絶縁抵抗試験でも常に出力端子の電圧を測定しているアナログ電圧計、試験中以外でも出力端子の電圧を常にモニターし電圧が検出されれば点灯するDANGERランプ、といった装備のほか、試験終了時に被試験物に充電されている電荷を強制的に放電させる「DCディスチャージ機能」、外部装置と連動させて出力を遮断する「インターロック機能」が搭載され、さらに安全性が向上しました。

自動検査システムを見据えた拡張性

TOS9200/TOS9201は、治具のような簡易なものから、本格的な自動検査システムまで柔軟に対応できるよう、外部制御入力および各種のステータス信号出力のための「SIGNAL I/Oコネクタ」に加えて、フルプログラマブルが可能なGPIB、RS-232Cインターフェースを標準装備しています。
このインターフェースを使用すれば、POWERスイッチ、KEYLOCK、プログラム実行(AUTO)以外の全機能についてのコントロールはもちろん、測定値、測定結果のリードバックが可能になります。さらには、オプションの高電圧スキャナTOS9220/TOS9221やアース導通試験器(TOS6200)を組み合わせれば、最大16チャンネルの試験ポイントに対して耐電圧、絶縁抵抗の試験を行うシステムに拡張。省力化に対応し、かつ信頼性、安全性の高い自動試験システムの構築に威力を発揮いたします。

ページトップへ ▲