電気安全規格試験マルチアナライザ
TOS9300シリーズ

性能・機能・安全装備

基本性能

安定したAC耐電圧試験を実現![入力電圧変動率±0.3%]

一般的な耐電圧試験器は、ACラインの入力電圧に対してスライドトランスを使い昇圧して出力しています。このスライドトランス方式では入力電圧の変動が出力に影響するため、正しく試験できないことがあります。歪んだ電圧を被試験物に印加する事は新品不良の原因を作ってしまう(部品劣化の加速)場合もあるのです。TOS9300シリーズは高効率PWMアンプを内蔵しており、ACラインの変動に影響を受けない安定した高電圧を出力できますので、電圧変動の大きい地域でも『安心』して、『安定』した信頼性の高い『安全』な試験が可能です。

高精度・高分解能・高速判定を実現

電圧計は±(1.2% of reading + 5V)/最小分解能0.1V、電流計は±(1% of reading + 2μA)/最小分解能1μAと高確度・高分解能のTrue RMS計測回路を搭載しています。また、オートレンジ機能を搭載し、下限判定確度も上限判定確度と同等の性能を実現したため、テストリードの未接続や接触不良などが有効に検出できるようになりました。さらに試験時間0.1秒の高速判定を実現。高精度・高分解能・高速計測・判定機能で確実な試験を行うことが出来ます。

電流検出の応答速度(Filter)

耐電圧試験器は、絶縁破壊したか否かを判定する試験の為、基本的には部分放電のような瞬間的な放電電流については、合否判定には含まれません。しかし、絶縁破壊の前兆を知りたいというニーズにお応えするため、TOS9300シリーズでは、5段階の応答速度(感度)の設定が可能です。従来の耐電圧試験では検出できなかった小さな放電も検出可能となります。

設定値 説明
LPF Slow 平均値応答型の電流検出で、当社の汎用AC耐電圧試験器の電流検出応答と同等です。安全規格で定義されている絶縁破壊の検出に適した設定で、一般の電子機器、電子部品などの耐電圧試験に使用します。一般の安全規格では絶縁破壊とみなされないコロナ放電などは検出しにくい設定です。
Medium ピーク検出に近い平均値応答型の電流検出で、Slowより応答が速い設定です。上限判定の検出速度が速いため、小型電子部品などの絶縁破壊しやすいEUTの耐電圧試験に適しています。コロナ放電のような瞬間的に生じる放電、周波数成分の高い放電でも検出されることがあるため、再現性のある耐電圧試験には向かない場合があります。
Fast
HPF Slow コロナ放電などの非常に小さい放電を検出しますが、再現性は低くなります。
Fast

7.2kV/100WのDC耐電圧試験

TOS9300シリーズは7.2kVまでのDC耐電圧試験が可能です。低リップルで負荷変動率1%以下の安定なDC/DCコンバータを搭載しています。

正極・負極 絶縁抵抗試験

試験電圧は、−25V〜−1000V、+50V〜+7200V、設定分解能1Vで99.9GΩまでの絶縁抵抗試験が可能です。IEC61730-2規格などのPV(太陽電池)モジュールの絶縁抵抗試験にも容易に対応。

機能

自動試験が可能

あらかじめ設定した試験を組み合わせて連続的に実行することが可能です。自動試験は、プログラムとステップで構成されます。プログラムは、ステップの集合体です。1ステップごとに1つの試験が設定でき、ステップ1から1つずつ昇順に実行されます。最後のステップが終了すると、プログラムが終了します。

放電機能(ディスチャージ回路を搭載)

DC耐電圧試験、絶縁抵抗試験では試験終了時、被試験物に充電されている電荷を強制的に放電するディスチャージ機能を搭載しています。放電時間の設定範囲は、0.0 s 〜100.0 s です。

EARTH FAULT 保護機能

接地方式(GND)の設定がGuard(フローティング)の場合に、誤って被試験物等を接地してしまうと、本製品の高電圧出力部から接地部に異常な電流が流れ、操作者が感電する恐れがあります。EARTH FAULT保護機能が作動した場合、即時に出力が遮断されて試験が停止しますので、操作者の感電を防ぐことが可能です。

オフセットキャンセル機能

出力ケーブル間などの絶縁抵抗、ストレー容量成分に流れる電流をそれぞれキャンセルすることが出来ます(DC試験は抵抗成分のみ)。AC耐電圧試験、DC耐電圧試験、絶縁抵抗試験、アース導通試験、漏洩電流試験の全試験モードで可能です。

ライズタイム/フォールタイムコントロール機能

印加電圧を時間制御し、被試験物に必要以上のストレスをかけてしまう事を防ぎます。

メモリー機能で簡単設定

自動試験のプログラム機能による組み合わせ試験のメモリーとは別に、任意で設定した試験条件と選択されている試験モードの種類を本体メモリーやUSBメモリーに51個まで保存できます。試験開始を手間なくスムーズに実行できます。

校正期限お知らせ&警告機能

定期的な校正による試験器のトレーサビリティを確保するためにリアルタイムクロックICを内蔵。校正の期限を通知します。さらには期限を過ぎると警告メッセージを出すことによって使用に制限をかけることも可能です。

ページトップへ ▲