HOME > 製品情報 > パネルギャラリー > PBXシリーズ

バイポーラ電源(CVCC)
PBXシリーズ

パネル説明:フロントパネル

フロントパネル


サブ・フロントパネル内部

1... 状態インジケータ
2... 出力キー
出力をON/OFFするスイッチです。出力OFFの時はハイインピーダンス(数kΩ)になります。
3... 液晶ディスプレイ
20桁×2行のELバックライト付き液晶ディスプレイにメニューやメッセージを表示します。
4... テン・キー/機能キー
数値の入力や、機能の選択に使用します。
5... プロテクション・キー
ハードウエアおよびソフトウエアによる保護機能の設定に使用します。
6... 振幅設定キー
サブフロントパネル(EXT SIG IN)から入力された外部信号の振幅の設定に使用します。
7... ジョグ・シャトル
数値の増減や、メニューのスクロールに使用します。
8... 電圧・電流設定キー
9... サブ・フロントパネル
10... EXT SIG IN
アナログ外部制御をおこなうために外部アナログ信号を入力する端子です。
11... ハードウェア±V limit/±I limit設定器
12... 専用リモートコントローラ接続端子
オプションのフルリモートコントローラを使用することにより、本体パネル面と同様の操作を手元で設定することができます。
13... TRIG I/O端子
シーケンス動作時にトリガ出力を設定すれば、プログラムのステップ変化時にトリガ・パルスを出力します。また、ポーズ状態ではトリガ入力によりシーケンスを再開することもできます。
14.. メモリーキー
15.. 補助出力端子(M6)
16.. 矢印キー
数値の増減や、メニューのスクロールに使用します。
17.. シーケンスキー
シーケンス・ファイルの編集・シーケンス動作の制御のためのキーです。
18.. 電源スイッチ
電源スイッチをONにした後、約2秒間セルフテストを実行します。

ページトップへ ▲