HOME > 製品情報 > 製品FAQ(よくあるご質問)

製品FAQ(よくあるご質問)

製品FAQトップ > 安全関連試験機器
なぜアース導通試験器を使わなければいけないのでしょうか?アース線と筐体の抵抗を測るだけならテスターでもいいように思えます。
関連する製品:TOS6200シリーズ

例えば、オーディオ製品等に関する国際規格である
IEC60065のアース導通試験では
試験電流25Aで許容抵抗値0.1Ω以下、という条件があります。

これは被試験物(電気製品)が故障し、ACラインが筐体と内部的に接触したとき、大きな電流が流れます。
このときにGNDラインから確実に電流を逃がせる(安全性が確保できる)ことを確認する試験です。
機器内部のアースラインと筐体との接続線に対して
25A以上の試験電流を流すことが要求されます。

抵抗値だけを考えればテスターの測定でも良いのではと思えますが、
規格で試験電流を指定している例は多く(しかもかなり大きな電流値です)、
規格適合を目的にするならば、必ず規定電流の印加が必要です。
従いまして、アース導通試験器を使わざるをえないことになります。

例えば北米の安全規格UL60950という情報技術機器(ITE)の規格では
試験回路の定格の2倍の電流にて試験するといった記載もあり、
定格が16Aの機器での2倍は32Aでの試験が必要になります。

当社のTOS6210では、このUL60950でも使えるよう
大電流(最大60A)に対応できるようになっています。
また同規格で要求している電圧降下から抵抗値を算出する機能も搭載しています。

TOS6210詳細使用



登録日2013-11-15
カテゴリ安全関連試験機器
FAQ管理番号2000070
閲覧回数24356

このトピックを見た人は下記も見ています。

※ご注意 ●この技術資料の記載内容に関しては、誤りのないように十分検討しておりますが、責任は負いかねます。この技術資料の情報に基づいて、いかなる不都合・不具合が発生しても、菊水電子工業(株)は一切責任を負いません。●この技術資料は、予告なく変更されることがあります。●この技術資料の著作権は菊水電子工業(株)にあります。無断の複写・転載を禁じます。

ページトップへ ▲