HOME > 製品情報 > 製品FAQ(よくあるご質問)

製品FAQ(よくあるご質問)

製品FAQトップ > 安全関連試験機器
耐電圧試験判定時の電流値は記録されますか?(TOS5300シリーズ)
関連する製品:TOS5300シリーズ

TOS5300シリーズで耐電圧試験を実施したとき、
パネルにはPASS判定中にその電流値が表示されます。
PASS判定結果保持時間のデフォルトは50msとなっており、
50ms実電流が表示され、そのあと基準値に戻ります。
保持時間はコンフィグ設定にて
50 ms、100 ms、200 ms、 1s、2s、5s、HOLD(STOP スイッチを押すまで保持)
から選択可能です。

しかし試験器本体に電流値を記録する機能がございません。
記録を残したい場合は、試験器とPCをUSBで接続して
データ取得アプリケーションをお使いいただくことで可能になります。

当社WEBにてデータ取得するためのアプリケーションを公開しております(無償)。
Data Acquisition for TOS5300

また、FAIL判定時の実電流については、これは記録されません。
FAIL判定は、電流上限基準値検出による所作なので
このときの表示は検出された実電流が基準値を越えた(=OVER:上限設定値)となります。



登録日2013-11-19
カテゴリ安全関連試験機器
FAQ管理番号2000085
閲覧回数2045

このトピックを見た人は下記も見ています。

※ご注意 ●この技術資料の記載内容に関しては、誤りのないように十分検討しておりますが、責任は負いかねます。この技術資料の情報に基づいて、いかなる不都合・不具合が発生しても、菊水電子工業(株)は一切責任を負いません。●この技術資料は、予告なく変更されることがあります。●この技術資料の著作権は菊水電子工業(株)にあります。無断の複写・転載を禁じます。

ページトップへ ▲