HOME > 製品情報 > 製品FAQ(よくあるご質問)

製品FAQ(よくあるご質問)

製品FAQトップ > 安全関連試験機器
テストリードのみをつないで(開放状態で)試験実行しても、微少な電流(数uA)が検出されます。どうして0Aではないのですか?
関連する製品:耐電圧試験器全般

AC耐電圧試験の場合、テストリードのストレー容量に
電流が流れてしまいます。

ストレー容量とは、 寄生容量や浮遊容量とも呼ばれるもので
テストリードを例としますと、HIGH側とLOW側の、
テストリード間に並列してコンデンサーがあるような振る舞いをします。
これがストレー容量です。

テストリードのストレー容量に流れる電流値は、
各製品の取扱説明書の仕様にも記載しておりますが、
標準値としては1kVで16uA、2kVで32uAとなっています。

テストリードのストレー容量は不可避ですので、
高感度の判定を実施する場合には、
テストリードや測定冶具などのストレー容量に流れる電流を
上限/下限基準値値に加えた値を考慮するようにしてください。

ちなみに、TOS9200シリーズには
ストレー容量を減算するオフセットキャンセル機能があります。



登録日2013-11-19
カテゴリ安全関連試験機器
FAQ管理番号2000082
閲覧回数2684

このトピックを見た人は下記も見ています。

※ご注意 ●この技術資料の記載内容に関しては、誤りのないように十分検討しておりますが、責任は負いかねます。この技術資料の情報に基づいて、いかなる不都合・不具合が発生しても、菊水電子工業(株)は一切責任を負いません。●この技術資料は、予告なく変更されることがあります。●この技術資料の著作権は菊水電子工業(株)にあります。無断の複写・転載を禁じます。

ページトップへ ▲