HOME > ナレッジ・プラザ > 電源の基本原理について:2.プログラマブル電源

電源の基本原理について

2.プログラマブル電源

※ご注意 ●この技術資料の記載内容に関しては、誤りのないように十分検討しておりますが、責任は負いかねます。この技術資料の情報に基づいて、いかなる不都合・不具合が発生しても、菊水電子工業(株)は一切責任を負いません。●この技術資料は、予告なく変更されることがあります。●この技術資料の著作権は菊水電子工業(株)にあります。無断の複写・転載を禁じます。

《図-11》プログラマブル電源システム構成例
《図-11》プログラマブル電源システム構成例

近年の電子機器では、時代の要求として自動システムなどを組み、作業効率のアップを行うことが多く、このような用途に対応するのがプログラマブル電源です。電源装置には、GPIB、RS-232Cなどをインタフェースするボードが内蔵されているものや、オプションにより対応されるものがあり、《図-11》にシステムの一例を示します。

ページトップへ ▲